アントシアニンの摂りすぎについて

アントシアニンの摂りすぎについて

アントシアニンの摂りすぎについて

アントシアニンはブルーベリーの果皮などに含まれている成分で、抗酸化作用があり、血行をよくするので、視力低下や眼精疲労を防ぐ効果が期待されています。

 

アントシアニンサプリメントはたくさんの会社で販売されていますが、1粒にブルーベリー数百個のアントシアニンが入っていると説明されているので、摂りすぎなのではと不安に思うことがあります。

 

しかし、アントシアニンを摂りすぎて副作用や害があるというような報告はされていません。
サプリメントでなくブルーベリージャムでアントシアニンを摂取する際には、糖分が含まれているのでその点で摂りすぎに注意することが必要です。

 

一度にたくさんの量を摂取したとしても、吸収されない分は排泄されてしまいます。
自分に合った量を知っておくことが必要です。
花粉症で目のかゆみを感じる場合、サプリメントを飲むことでかゆみが軽減される人もいますし、軽度の近眼であれば改善されることもあります。

 

いずれにせよ体調に合わせて摂取する量を調節することによって、効果が期待されるものです。

 

パソコン、スマホなど長時間使用する人にとっては、目の疲れを軽減させてくれるかも知れないので朝1粒飲んでおくと気分よく過ごせそうです。

トップへ戻る