アントシアニンは目に効かないのか

アントシアニンは目に効かないのか

アントシアニンは目に効かないのか

視力が悪い人にとってアントシアニンという成分は広く知られています。
サプリメントでもアントシアニン成分が入ったものはよく販売されており、視力低下を気にする人に人気です。

 

しかし、口コミ情報では、本当は目に効かないという声もあるのです。
科学的根拠はないのですが、ポリフェノールの一種であるアントシアニンは網膜に作用し、脳に視覚情報を伝えるのを強化すると言われています。

 

ポリフェノールは抗酸化作用があるので、血流改善に効果があったり細胞の老化防止になるので、全く効果がないとは言えません。しかし多量に摂取しなければ実感できるほどの効果が感じられないことが多いのです。

 

目に効くという成分はアントシアニンの他にもたくさんあります。
ルテイン、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ミネラル、タンパク質などです。

 

目の乾燥を防いだり、視神経の働きを助けたり、ピント調整をサポートしたり角膜や網膜に栄養を与えたりとそれぞれ役割が違います。

 

これさえ摂取していれば目が良くなるという栄養素はありません。

 

目が悪くなる原因も様々です。一時的な効果でなく、根本的に目を健康にするにはバランスの良い栄養を摂取することが大事です。

トップへ戻る