目の疲れから起こる辛い偏頭痛にアントシアニン

目の疲れから起こる辛い偏頭痛にアントシアニン

目の疲れから起こる辛い偏頭痛にアントシアニン

人間が普段いろいろな物を見る時には、網膜においてたんぱく質の一種であるロドプシンの分解と合成が繰り返されています。

 

このロドプシンの分解と再合成がスムーズに行われている時には何の問題もないのですが、パソコンに長時間向かっていたり、細かい作業に熱中するなど目を酷使しているとロドプシンの分解・再合成のペースが落ちてきていわゆる疲れ目の状態になります。

 

疲れ目つまり眼精疲労は、目だけではなくさまざまな不快な症状の原因になります。
目の疲れからくる頑固な肩こりや辛い偏頭痛などです。
たんぱく質のロドプシンが再合成しやすくなり、眼精疲労が解消されれば偏頭痛などの辛い症状も改善が期待できます。

 

アントシアニンにはこのロドプシンの再合成を助ける働きがあります。
アントシアニンはブルーベリーに多く含まれる成分ですが、ブルーベリーにも種類があり、ジャムなどでおなじみのブルーベリーとは別にビルベリーと呼ばれるベリーがあります。

 

サプリメントなどに使われているのはこのビルベリーの有効成分アントシアニンです。

 

ですから、眼精疲労の解消を目的に生のフルーツとしてブルーベリーを食べるのであればビルベリーを選ばないと効果は期待できませんので要注意です。

トップへ戻る