視力とルティン・アントシアニンの関係

視力とルティン・アントシアニンの関係

視力とルティン・アントシアニンの関係

サプリメントが普及しだした初期の頃から、ブルーベリー由来の商品に「視力回復」「疲れ目に効果がある」という情報が広告媒体とともに知られるようになりました。

 

そのため多くの人がブルーベリーといえばまずこれらの効果が思い浮かぶようになるに至ったのです。またホウレンソウに多く含まれるルティンも同様です。

 

ブルーベリーが目に良いと考えられているのは、アントシアニンという成分が含まれているからです。アントシアニンはブルーベリーなどのベリー類や黒豆の皮、あるいはムラサキ芋などに含まれるフラボノイドの一種です。

 

アントシアニンが視力と密接にかかわるのは、人間の網膜にあるロドプシンという、視力には必要不可欠な物質の再合成に関与していると考えられているからです。

 

しかしアントシアニンを人間が経口摂取し、吸収されたものがいったいどれくらい目の負担を癒すのに有効なのかは、今のところ定量的に測る事はできていません。

 

一方ルティンは人体においては網膜だけに含まれている成分であり、先述の通りホウレンソウに多く含まれています。ルティンは目に入る有害な光線を吸収したり、活性酵素によって起こる網膜の編成を抑制する力があります。

 

ルティンにはさらに白内障を予防したり、加齢による黄斑変成症の治療に効果があると考えられています。アントシアニンもルティンも、医学的な意味において過剰に期待するのは避けるべきですが、人間の健康上必要な成分であり、適切な量を摂取するように心がけたいものです。

 

なお普段の食事内容を見直して、これらの食材が使われていないようであれば、サプリメントを服用するのも一計です。

トップへ戻る