視力回復の手助けに、アントシアニンを取り入れる。

視力回復の手助けに、アントシアニンを取り入れる。

視力回復の手助けに、アントシアニンを取り入れる。

アントシアニンはポリフェノールの一種で、ブルーベリーやカシス、紫芋などの青紫や黒・赤色の食品に多く含まれています。

 

近年、このアントシアニンが視力の回復に有効ということで、注目を集めています。

 

人間の目の網膜にはロドプシンがあり、ものを「見る」ための重要な役割があります。
このロドプシンは、光を受け取ると分解され、この際に発生する信号が脳に伝わって、ものを「見る・見える」と認識するのです。分解されても自然に再合成されるのですが、再合成のスピードが遅れると目のぼやけや、目のしょぼつき等を起こすのです。

 

近年は、目から入る情報量も大量であったり、パソコンや携帯などで目を酷使することが多くなっています。

 

目を酷使することで、ロドプシンの分解・再合成のサイクルが乱れ、目が疲れやすくなるのです。

 

このサイクルを適切に行い、目の疲れを癒してくれるのがアントシアニンです。
アントシアニンを含む食品やサプリメントを取り入れることで、疲れ目による視力の回復が期待できます。

 

近年注目されている、北欧野生種のビルベリーには、ブルーベリーの約5倍ものアントシアニンが含まれていると言います。

 

目の疲れを感じた時だけでなく、予防としても、食品やサプリメントから積極的に取り入れたい成分です。

トップへ戻る