眼鏡、コンタクトレンズで視力低下とは

MENU

眼鏡、コンタクトレンズで視力低下とは

眼鏡、コンタクトレンズを使用しているとだんだん度が合わなくなった経験はありませんか?
筆者は何度か眼鏡を変えた経験があります。

 

しかし、本当に眼鏡、コンタクトレンズを使用すると視力低下が進行するのでしょうか。
よく、眼科やメガネショップへ行くと医師や店員の人に
「掛けない方が視力が低下しますよ」と、言われます。

 

そこで、言われた通りのレンズの度数で眼鏡をつくると立っているのもつらいくらいの眼鏡が出来上がってしまいます。
こんなものを一日中かけていたら目が疲れてしまいます。
疲れ目は視力低下の原因にもなってしまうので、やはりあまり度数の強い眼鏡などはオススメできません。

 

さらに、目そのものが眼鏡などの視力矯正器具に頼ってしまい目が本来の仕事をしなくなります。
どういうことかといいますとレンズで視力を矯正しているので、目自身の物を見ようとする力が働かなくなり、
その結果、さらに視力が低下してしまうと言うことです。
人もそうですが楽ができれば楽したいと感じるのは同じようです。

 

では、どうすれば良いのか……
なるべく眼鏡、コンタクトレンズを使用する時間を少なくすることが大切です。
実際、眼鏡をはずした後、物を見ていると少しハッキリ見えるときがあります。

 

物にあまり頼るのは良くないと言うことですね

関連ページ

片目だけ視力低下の原因
片目だけ視力が低下してしまうのには日々の習慣に原因があるのです。その習慣にさえ気をつけておけば片目だけ見えづらいと言うことは少なくなるはずです。
眼精疲労を軽減する方法
子供に多い視力低下の原因